クラウド会計時代

HOME > 

クラウド会計時代

記事

クラウド会計時代

クラウド大阪サポセンの川邉です。

 

皆様、お久しぶりです、お変わりなくお過ごしでしょうか?

皆様とそのご家族の方々が息災であることを心から願います。

 

今回の記事は、「クラウド会計」ついてです。

 

クラウドって言葉は、最近、よく耳にすると思いますが、

なぜ「クラウド=雲」という言葉を使ったのかというと

いろいろな説がありますが、一般的には昔からネットワーク図を表現するときに、雲という言葉を使っているから、という説が有力です。

つまり、「クラウド」とは、簡単にいうと、データを自分のパソコンや携帯端末などではなく、インターネット上に保存する使い方、サービスのことです。

外出先など、さまざまな環境のパソコンや端末からでもデータを閲覧、編集、アップロードすることができます。

そして、クラウド+会計=クラウド会計とは、お客様と会計事務所とがインターネットを介し、同じデータを共用して、会計入力・チェックを行う会計システムを言います。

 

クラウド会計は、上記したように、同じデータを共有致しますので、リアルタイムで共有する人間が会計データ見ることが出来るため、お客様が試算表を確認したい時にでき、会計事務所が入力したデータをチェック及び修正をすることが可能になります。

また、クラウド会計システムによっては、銀行口座などのデータを自動に取り込んだり、サーバーにバックアップする機能がありますので、データ消失のリスクが低いなど、様々な利点があります。

 しかし、エクセル等の汎用性の高いアプリケーションや電子申告が出来る会計事務所用のソフトとの連動性が低いなどの問題点があり、会計事務所側が対応しきれていないことが多いため、

まだ問題点も少なくありません。

 しかしながら、大手の会計ソフト会社がクラウド会計導入の意向を表明しており、会計ソフトはクラウド会計が主流になる時代も来るのではないか

とも考えられますので、会計事務所側も対応できるようになるのが必須でしょう。

 

大阪経理サポセンでも、このような時代の波に乗っていけるように、

職員一同、情報を共有し、頑張っていきたいと考えております。

 

何か経理の事でお困りでしたら、

大阪経理サポートセンターにお気軽にお問い合わせください。

経理を経営に活かしたい方のご相談は無料です。

TEL:0120-663-990 電話受付:9:00~18:00(平日)

無料相談

経理機能適性診断