代表挨拶

HOME > 

代表挨拶

代表挨拶

現在の中小企業の経理現場は素人集団化している

インターネットの普及とともにパソコン会計化(自計化)がすすみ、近年の会社の経理は一見して効率化しているように見えます。
ただ、よくよく見てみると、手書き帳簿が姿を消した経理の現場では、同時にいわゆる経理のベテラン社員の姿もなくなり、素人集団となってしまっている会社が多いように見受けられます。会計ソフトは良くできていますから、パソコンでそれらしく入力ができますし、インターネットバンキングは発達し、資金移動も自由自在。そして最後は税理士がなんとかしてくれるという安心感から、経営者は事務の女性であれば経理をすることができると思い、すべてを任せるケースが多いこと。経理が一応回っていることと、経理が機能していることの違いは大きいのです。

経理とは体の血管と同じ役割、プロ経理は未来の経営戦略の指針まで示してくれるもの

DSC08511

本来経理とは、会社に流れるお金すなわち血液をきっちりと流す血管のような大事なもの。体の隅々まで血液が流れ続けているかを把握し、異常を発見したらすぐに経営者に報告する大事な大事な部署なんです。また、進んだ経理は未来を予測し経営者に経営戦略の指針まで指し示してくれるのです。それを入社間もない女性事務員に任せる事自体、非常に恐ろしいことですね。
かといって、なかなか自社の経理の状態がいいのか悪いのかはわからないと思います。
というのも、経営者のほとんどが経理の出身ではないので、経理のことがわからないのです。これが経理の改革をしにくくしている最大の要因となっています。また、さらにややこしいことに、経営者がわからないのは経理の機能だけでなく、経理の配置が最適かどうかということもなのです。中小企業では経理の人員が多すぎることが多くみられます。これも経理のプロでない方が経理をさせられるから仕方ないですよね。効率が悪いのです。間接部門である経理に何人もがよってたかって何とか経理を回している。そんな会社が多くみられます。
弊社が当該サービスを始めさせていただいたのは、このようなことを何とかして改善するお手伝いをしたいと思ったからです。まずは現在の貴社の経理力を計ってみることから始めていきましょう。

代表プロフィール

三反田 純一郎 税理士

兵庫県出身。某大手石油会社に入社後、ガソリンスタンドの戦略的開発や営業企画に従事。その後、経営における管理会計の重要性を知り、税理士事務所にて会計税務業務に従事。2005年に税理士法人M&T代表パートナーに就任。現在に至る。早稲田大学商学部卒業。登録政治資金監査人(登録番号第806号)【専門分野】中小企業における経理の組織作りと管理会計

経理を経営に活かしたい方のご相談は無料です。

TEL:0120-663-990 電話受付:9:00~18:00(平日)

無料相談

経理機能適性診断